ホーム > 知る・体験する > 大新社について

大新社について

大新社について

朝礼【社員全員の心の在り方を正す時間】

大新社の想いや経営方針が詰まった「大新社フィロソフィ」手帳。

毎朝、部門ごとにしっかり輪読し、仕事の方向性や心の在り方を正してから、私たちの一日がはじまります。

社員にとって、仲間と同じ想いを抱けるほど心強いものはありません。 また、会社にとっても、社員の想いが一丸となるほど心強いものはありません。

毎朝のこの輪読は、全社員が"利他の心"に指針を合わせるための大切な時間なのです。

そして、大新社社員は、困難にぶつかった時、進むべき方向に迷った時にはこの「大新社フィロソフィ」を開き、"人として正しい判断基準"に従い、次の一歩を踏み出すのです。

あいさつ【元気な挨拶から空間は作られる】

大新社では、挨拶を本当に大切にしています。
それは、挨拶こそコミュニケーションの第一歩だから。

元気な挨拶はその場の雰囲気を明るくします。
笑顔の挨拶は周りを華やかにしてくれます。

明るく元気な挨拶を、嫌いな人はいません。
この挨拶こそが、大新社の原点なのです。

お客様にも仲間にも、いつもエネルギーを伝えられるように。
私たちはこれからも、どんな時でも本気で、挨拶に取り組んでいきます。

掃除【大新社の掃除】

大新社では毎朝、社内・社外問わず社員全員で掃除をしています。

自分の机、身の回りはもちろん、受付、キャビネットや電子機器類など、社内の隅々まで目を光らせ、個人個人が積極的に、ありとあらゆるところを徹底的に磨いていきます。

毎日掃除を続けていても、見落としてしまう些細なところは必ずあるものです。
それをいかに見つけていけるか、どこまでアンテナを張り巡らすことができるか、という行為を持続させることで、掃除の時間に「気づき」の力を鍛えることができるのです。

掃除という、一見小さな、なんでもないように思える行為の中にも、意味を見出し全力で取り組む、そんな大新社の朝の10分間です。

このページの上部へ