大新社 社員ブログ

2016/08/16

投稿者:

苦手なことをやり続けてみると

こんにちは!京都支店の鈴木です。

8月も半ばになってきましたが、まだまだ暑くて秋が恋しいです。

早く秋になってほしいと思いつつ、クーラーの効いた社内で時には営業さん達と、時にはパートさんがいる時、または一人で社内にいる時も電話が鳴ります。

どんなときにも電話が鳴ったときは一番にとる気持ちで、反射的に受話器を取りますが、入社したころは電話を取ることが苦手でした・・・。

入社したての頃は、お客様から電話がかかってくることがほとんどなので、早くとらなければ!と意気込んで受話器を取り、

内容を聞くのですが、聞き間違いや取次相手を間違えたりと失敗をすることもありました。

失敗を恐れて電話を取ることが嫌だなと思うこともあったのですが、とにかく誰よりも一番に電話を取って、取って、取りまくる!

そうすれば、多くの失敗から正しい電話対応の仕方を学びました。

何事も同じことを人よりも多くやり続けることが改めて大切だと気付きました。

今では電話対応が好きになり、電話が鳴ったら一番にとることを意識しています。

しかし、ほかの社員さんもとるのが早いので負けないように一番の電話対応を今日もやっていきます。

まだまだ私は完璧な電話対応が出来ていないな・・・と、反省することもあるのですが、そういうときはきれいな景色を見てまた頑張ろうと思います。

ENTRY!
大新社の仲間になろう